私の制作資料ご紹介 ロサンゼルス在住|フリーランス|ディレクター|セールスプロモーション

ディレクターとは何か – 私の制作資料ご紹介 –

ディレクターというのは時にその業務を理解してもらうのが困難な職業であったりもします。

 

デザイナー、プログラマー、カメラマンなどの職業を聞かれて皆様は職務内容を思い浮かべることはできますか?

おそらく、ほとんどの方が「大体(あるいははっきりと)わかる」と答えられるでしょう。

デザイナーはデザインをする人、プログラマーはプログラムをする人、カメラマンは写真や映像を撮る人です。

 

では、ディレクターはどうですか?

 

ここではイメージしやすくテレビ番組のディレクターをしましょう。

番組ディレクターが何をしているか。

デザイナーの業務内容同様、思い浮かべることはできますでしょうか?

 

みなまで言う必要はございません。

こういった状況は多く経験しております。

 

簡単にご説明しますと、ディレクターの業務というのは制作に関わる情報や技術者たちをまとめ、ゴールに向けて全体をリードすることです。

(会社によりその呼び名と業務範囲は前後することはあるでしょう)

 

では、広告ディレクタ―である私は一体どんな情報と誰をまとめ、どのように全体をリードするのか。

 

ここでは、私が制作プロセスにおいて実際に制作する資料をご紹介しつつ、その業務内容をご説明したいと思います。

(アイデアが浮かび、企画として立ち上がり、事前準備をし、本番を迎え、企画を終える。『制作』という言葉はこの一連を意味します。)

 

まずはアイデアを具現化し、企画にするところの作業「企画書制作」です。

クライアントの頭の中にある「こうしたい」というゴールに向けて、最善のアプローチを考え「企画」として提案します。

ウェブメディア施策企画書サンプル

こちらは日本の観光PRのためにオンラインを通じて何かできないかという依頼の際に制作した企画書の一部です。

まずはゴール達成に向けて全体構成を考え、それに必要な要素を段階ごとに記載していきます。その間に必要となる情報を各機関に問い合わせて企画書に落とし込むというのも私の仕事です。

 

続いて、事前準備。

ここではイベント当日のスタッフフローなどが書かれた運営マニュアルというものを制作します。

イベントは全てがライブ(生もの)ですから、当日に予期せぬ事態が起こることは往々にあります。またイベントの成功は事前準備が8割担っていると言っても過言ではありません。

運営マニュアルはそれらの準備から撤収までの各所フローを盛り込んだ資料です。

残念ながら運営マニュアルには内部情報が多く記載されているため、ここではご紹介できません。

 

そのイベントがステージなどの場合、ステージ上の進行スタッフ用に進行台本を制作します。

進行台本はステージを回すために必要な情報がすべて落とし込まれた資料です。

この資料に記載された流れに沿って、音響、照明、映像、機材スタッフなどステージ進行に関わるすべてのスタッフが動くことになるので、その重要さはご理解いただけるでしょう。

下記が進行台本のサンプルです。

進行台本サンプル

ステージの動き、その際の照明やBGM、マイクのオンオフなどが記載されているのがご覧いただけると思います。これらの情報を記載するために各登壇者とスクリプトの確認をしたり、登壇時間を折り合わせたり等のスケジューリングも重要な仕事となります。

 

では、こうして様々な準備をして臨むイベント本番日にディレクターは何をしているのでしょうか?

イベントの形式にもよりますが、ステージの場合でしたら進行状況に応じて彼らに適宜指示を出しております。

ヘッドセットのようなものを付けて誰かと話している人を見たことはないでしょうか?もしご記憶にあれば、あの中で指示を出しているのがディレクターということになります。

展示会であってもブース全体を見渡し、各ポジションのスタッフの動きをマネジメントするのがディレクターの役割となります。

 

その他、準備や本番に向けて用意しなければいけない資料や詳しい業務内容は多岐に渡り全てお話しすると長くなりますので割愛させていただきますが、これまでで何となくディレクターという仕事がどのようなものかお分かりいただけましたでしょうか。

 

以上がイベントや展示会出展などライブ案件(生もの)に関わる際のディレクターのポジショニングですが、これがウェブ制作となりますと少々ディレクターの業務内容にも違いが出てくることがございます。

ウェブ制作におけるディレクターとは何か?

気になる方はこちらの記事をご覧いただければ幸いです。ウェブ制作とはどういったものかということについて記載しております。

 

その他にもご質問やご相談がございましたら下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

<お問い合わせ>

 

※守秘義務の都合上、資料の一部を加工しております。

※掲載資料は全て制作当時の条件に基づいております。

※本資料の転載・盗用はご遠慮ください。それらの行為による障害・トラブルや損失が発生いたしましても私は一切の責任を負いかねます。