広告ディレクター

ソノダ カズマ | 広告ディレクター

1989年生まれ、広告ディレクター。

 

幼少期から「大人になったらアメリカに住む」という漠然とした思いを抱えたまま日本で大学課程まで終える。

卒業後、留学のため単身渡米。

多国から集まったクラスメイトと時を過ごし、世界の広さを知る。

一年間のアメリカ学生生活を経て現地での就職を目指したが壁は高く、無念の帰国。

 

帰国後すぐに就職活動を始めるが“新卒こそ正義”の就職システムに拒まれ、ニート状態に陥る。

約4ケ月の無職生活の後、東京渋谷のSP制作会社に就職。

 

実践を通し、『広告が生まれ人の心を動かす仕組み』を学び、広告の面白さに気づく。

 

その後、2014年4月に再渡米し、現職。

広告の黄金比を設計することを追求し、ロサンゼルスを中心に活動中。

 

 

ご挨拶と経歴詳細

お問い合わせ