Web制作と家づくり

Web制作と家づくり – ウェブサイトを作るということ –

私は展示会ブースやステージ進行におけるディレクションのほか、ウェブサイト制作におけるディレクターポジションも兼務しております。

ここ最近ウェブ制作案件のボリュームが増えてきていることもあり、これを機会に、私がクライアントから受ける質問や見えにくいウェブ制作における役割についての記事を書いてみようと思いました。

ウェブの制作発注を検討しているがコスト感が分からなかったり、制作内容に疑問や不安を抱いているという方のお役に立てれば幸いです。

さて、私はウェブ制作における各ポジションの役割と仕事内容は家づくりのそれとよく似ていると考えています。

下記の図にまとめてみました。

家づくり ウェブ制作 役割
発注者 施主 クライアント 費用を決める
どんなものが欲しいかイメージする
イメージ内容を作業者に明確に伝える
作業に必要な情報をまとめておく
コンサルタント 営業職 クライアントとのやり取り
企画・提案
見積制作
制作に必要な人材リソースの手配
建築士 UI・UXデザイナー クライアントの意向に沿う形で必要機能や要件の定義
そのうえで、使いやすさを考慮した完成品(家 / サイト)の設計書を制作
現場監督 ディレクター 営業と現場をつなぐ
制作者たちをまとめ、スケジュール管理や進行状況管理
現場で起こる問題や課題解決
制作者(デザイン) 大工 ウェブデザイナー 設計図をもとに見える部分を制作する
骨組みの構築からオモテのデザインまでを担当
制作者(機能) 水道技師・電気工など プログラマー・SE 目には見えないが必要な機能の構築
完成後、運用をしていくうえで重要となるウラのデザインを担当

 

大まかにまとめるとこのようなイメージになりますがいかがでしょうか。こう見るとどんな人やどういう仕事が必要かわかりやすくはないですか?

もちろん、それぞれの作業領域を補完しあったり、二つの作業領域を一人でこなせるという方もいますので、全ての作業現場がこれと同じ組織図ということではありませんし、ウェブデザイナーの中にはプログラミングもできてしまう方もいますので、目指す完成品の規格によっては機能制作者は必要ないというケースもあります。

複雑なショッピング機能や入力フォーム、予約システムなどが必要なく、それらオペレーションシステムとの連携させる作業が発生しないケースなどです。

私が実際に行っている作業領域はコンサルタントのポジションにあたり、クライアントとのやり取りから制作ディレクションまでを担当します。仕事内容を一言でまとめれば、クライアントの意向をくみ取り、コスト内で実現できる必要機能とデザインの大枠を考察し制作進行管理を行うといったところです。

もしかすると、発注者に制作に関する知識と設計図を書けるスキル、制作者たちを管理する時間があれば必要のないポジションかもしれません。

今この時にウェブ制作の外注をお考えの方で、このコンサルタントポジションをご自身で賄えるまでの知識をお持ちでしたら、今後の制作はスムーズに進行していくでしょう。

一方で、そのレベルまでの知識習得が不可能だったとしても、仕事を発注する立場として多少なりとも下調べをして「ぼったくろうとしたら突っ込むぞ」くらいの雰囲気を出し抑止力は持てるくらいにしておいたほうが良いと思います。

なぜなら、制作過程が見えない、あるいは専門知識を持たないと理解しえないというのをいいことに、必要のない工数を計上し多額の制作費を請求する会社もあるからです。

(同じ業界に生きる身として残念な事実なのですが…)

 

それはそれとして、ウェブ制作におけるクライアントの役割という部分に話題を戻しお話しさせてもらうとすれば、納品後に満足できる結果を得るためには発注側にも「自分の求める形やイメージを持つこと」と「多少なりとも知識を習得すること」が求められると私は考えています。

そうすれば、

「家が出来上がったとき、全くほしいものと違った…」

「1階にキッチンを取り付けた後、やっぱり2階に欲しくなって追加コストがかかった…」

などのトラブルも避けられるでしょう。

営業マンは自身の職務経験から分析・アドバイスはできても、クライアントのご家族の暮らし方や人生設計まではできません。

ですから、「今の生活はこうだから、この家ではこういう暮らしをしたい」などのイメージと人生設計を伝え、制作サイドとイメージをすり合わせておくことは非常に重要なのです。

 

誠に恐縮ではございますが、私にお仕事をご発注いただくクライアント様にも、必要と感じるときには「ご自身の中でのイメージの整理」をお願いする場合もございます。

しかし私はこのような上流部分の精査と明確な定義があってこそのウェブ制作だと考えております。

ウェブサイトは作って終わりではなく、そこからがスタートです。スタート後の運営イメージをご自身で描いてみてください。

 

いかがでしたでしょうか。

 

私は今回この記事を書きながら、自身もディレクターとしてまだまだ努力すべきと再認識させていただくいい機会になったと感じます。

ウェブ制作に関するお問い合わせは<こちら>より受け付けております。